読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あすみかんの上にあすみかん

#たのしいことしかかかないことをここに決意します

パプリカ

映画

パプリカ 

f:id:asumiso:20170113020102p:plain

時間 1時間30分

 

 

 

あすみずぽいんと

演技力 15/20

話の面白さ 17/20

見せ方 10/20

オチ 14/20

オススメ度 12/20

 

総合評価 72/100

 

あらすじ

DCミニという人の夢の中を体験できる装置がある。

生体エネルギーの自然幅を利用したシナプス伝達式型の装置(と言っていた)だが、使用頻度によって体によって適合がおきてしまう。

その制限をかけないうちにDCミニが3機盗まれてしまう。

そのうち、寝ていない覚醒状態のときも夢を見てしまう様になり、世界が壊れていくのを止めるかんじのはなし

 

好きだった点

夢の世界を見られるのだが、刑事の夢のシーンから始まる。

一番最初に出て来る夢のシーンで全部刑事の顔の人が襲って来るシーンがあった。

それを見終わったあとに刑事が

「なんで...全部俺なんだ」って言ってる言い方が

困惑とツッコミと困惑と困惑が入り混じった言い方でかなり上手だった。

 

あと、色がたくさんでてきて目が飽きない。

サブカルが好きな人は好きな色合いだと思う。

夢のシーンで多々でてくる精神異常患者の夢の描きかたは常人にはできない様な描きかただと思う。

とにかく、華やかで、キチガイじみていて、色がきれいで、よき。

 

物語の世界観があまり好きじゃない

SFだから、そりゃちょっとはふわふわしているのだろうが、

始まりかたも、間の夢のシーンも、もはやオチも、

幻想的で深く考えることがあまりできなかった。

DCミニに侵されてしまった人が狂乱して支離滅裂なことを言いはじめるのだが、

なんだかそこも私にジャストミートしなかった。

支離滅裂なことを言う小説は好きだが、意味ある支離滅裂じゃなかった気がする。

見ていて飽きないのだが、まあすっげえおもしれえ!とは思えなかった。

 

支離滅裂といえば金原ひとみの「AMEBIC」は特に読んでほしい一冊である。

あれは私のバイブルで、なんつうか、主人公の気持ちを理解するのが

すごく難しい。何度読んでも、自分の理解の範疇に届かない!

金原ひとみの世界観に触れてほしい。

 

気軽に観られる長さ

深く思考することがないので暇な時とかにちょろっと見るのがおすすめ。

1時間30分なのでちょっと時間が空いた時にふわ〜と観られる!

 

私はamazon student会員なので、amazonビデオで観た。

ところでamazon studentは年間2000円払うだけで(学生限定)

その他もろもろいいことがあるので.........

ぜっっっっっっったいなっといたほうがいいと思う!!!

特に映画を見るのが好きな人にはオススメオブオススメです。